"世の中には、用があるときだけパソコンの電源を入れる人と、用があるときだけ電源を切る人がいるらしい。ちなみにこの発言を見てる人は10割が後者です"

Twitter / @mizuno_as: 世の中には、用があるときだけパソコンの電源を入れる人 … (via gothedistance)

(via tknori)

"同僚がFacebookのログインロックされて、パスワード変更しようとしたら「他のサイトで使ってるパスワードは使用しないでください」というエラーで弾かれたらしい。おいww なんのリストと照合してるんだよwwwwww"

Twitter / daiksy (via whyareyouwanazawasan)

(via tknori)

"物凄く後味が微妙だったので皆さんにおすそわけです。
290円居酒屋であるナードコアDJ(22歳)が来世で実現する予定の夢を語ってくれました。

「私が生まれ変わったら絶対にイケメンで明るいんです!
中二の時に、前の机に座ってる男の子から『なぁ、バンドやるんだけど、ギターできるヤツしらねえ?』って聞かれて、『じゃあ、俺やるよ』って言うんです。
楽器がとっても好きなのでスグに上達するし、イケメンだから文化祭でライブやったら下級生の女の子達からモテモテになるんです。
でも、自分は年上好き(注1:現世では女なのにロリコン)なんで、長くて黒い髪が艶々の美人の上級生の図書委員のこと好きになっちゃって、読書がスキでもないのに(注2:現世では本好き)図書室に入り浸っちゃうんです。わかります?
高校生になると、ギターからベースに転向するんです。なんでって、楽器が好きな人はそういうもんなんです。で、やっぱり学園祭で女の子(主に年下の)からキャーキャー言われまくるんです!」

「大学生になると、ハウスDJとかやってみたりしちゃうんです。
で、リア充の集まるエレクトロイベとかに行っても、箱に居る人たちみんな知り合いで『よっ!』とか言って通じちゃう感じなんです。
それで、三茶に住んでるんですけど、周りにやっぱりオシャレなイケメンで明るい男友達が4~5人住んでて、しょっちゅう宅飲みしてとっても楽しいんです!!(来世の)私含めてとっても明るいから。で、みんな近くだからスグお互いの家に電車とかタクシー使わないで行って帰ってこれるんです。
三茶の部屋は、間接照明で、バニラのお香炊いちゃったりするんです。
それで、一旦、部屋に入った女の子はもうメロメロになって、絶対ヤれるんです。で、モノにした後に『君は、もうちょっと、大人になったほうがいい』とかそういう事言って振るんです。
え?学校出た後の仕事ですか?、、、、、“ショップ店員”代官山のね」

「でね、にしむらさん。わかります?来世の私は季節の変わり目や桜がほころぶ頃を大勢の友達から来るお花見の誘いのメールで知るんです。これとってもスゴイことなんですよ!
え?なんでって、来世の私はとってもモテモテだしリアルが充実してて忙しいから、季節の変わり目や桜の花が咲いたことなんて知らないし興味ないんです。
それで、友達から来たお花見の誘いで『へぇ、もう、桜が咲く時期だったんだ、、、』とか言っちゃうんです。良くないですか?
え?わからない?だって、お花見に誘われるって、とっても凄いことなんです。だって、あんなに沢山の人がいっぺんに集うでしょ。みんなから愛されてるからお花見に呼ばれるんです」

「え?現世でもお花見やバーベキューに行けるだろって?」
「だって、私が行っても、『なんでお前来たの』って感じだし、行ったとしても誰と話していいかわかんないし、端っこでコソコソしてるだけで居場所無いんだもん」"

[mixi] あきさん (via ptsolo)

(via ptsolo)

"

編集Y ちょっと横入りしますが、先日、「ビジネスに効く武士道」みたいな企画をやれないかと、資料を読んでみたんです。

 軽いな…。

編集Y そうしたら「武士道」というイメージと、実際とのギャップに驚きました。例えば「卑怯者と言われないためにはどうしたらいいか」、ということに対して、「勇敢たれ」じゃなくて、「いかにそういう避け難い事態から自分を遠ざけるかが大事である」といっているんです。

 ノウハウということ? 思想じゃないの?

編集Y まさしく。例えば抜刀して走っていく武士を見てしまった、と。どういう事態になるか、これは見捨てておけない、と、そいつの後を追ってチャンバラに参戦をするのが武士の道ではあるが、そうするとケガをするよ、と。かといって、見て見ぬふりをしたら、誰かに見られていて「あいつは腰抜けだ」と言われかねない。だから、「そういう場面に行き当たったら、しばらく間を置いて、ハタと気が付いたふりをして、それで後を追って途中で見失え」、ということが書いてあるんです。
(出所は『日本政治思想史 十七~十九世紀』渡辺浩著、東京大学出版会)

"

「卑怯者」と言われるくらいなら、死んだほうがましですか?:日経ビジネスオンライン (via boosted)

(via ibi-s)

thinkupstudio:

(via 「はてブオフ会」行ってきた!はまちや2さんが参加で会場が歓喜の渦に|面白ニュース 秒刊SUNDAY)
"日本人同士の交渉
日本人A「ここに10本の金の延べ棒があります。私が4本、貴方が6本で分け合いましょう。」
日本人B「そんな図々しいことは出来ません。私が4本、貴方が6本で分け合いましょう。」
日本人A「そんな図々しいことは出来ません。では5本ずつで分け合うのは如何でしょう?」
日本人B「それはいい、そうしましょう。」

欧米人同士の交渉
欧米人A「ここに10本の金の延べ棒があります。私が6本、貴方が4本で分け合いましょう。」
欧米人B「それは受け入れられません。私が6本、貴方が4本で分け合いましょう。」
欧米人A「それは受け入れられません。では5本ずつで分け合うのは如何でしょう?」
欧米人B「それはいい、そうしましょう。」

日本人と欧米人の交渉
日本人A「ここに10本の金の延べ棒があります。私が4本、貴方が6本で分け合いましょう。」
欧米人B「それはいい、そうしましょう。」
日本人A「!!」"

日本人は反論しない。 : 2のまとめR (via erl)

(via ibi-s)

zenigata:

2chan.net [ExRare]

zenigata:

2chan.net [ExRare]

(via ibi-s)

"コナン「あれれ〜?おかしいぞ〜?」
僕「どうしたんだいコナンくん」
コナン「おじさん昨日は夜中の22時までお仕事だったんだよね?」
僕「あ、あぁ、そうだがそれが何か?」
コナン「でもほら、このタイムカード。17時で帰宅したことになってるよ?」
僕「察して」
コナン「アリバイが」
僕「察して」"

Twitter / a_do_lp (via itutune)

(Source: man-nona, via ibi-s)

dyingofcute:

3.. 2.. 1.. Let’s go!

dyingofcute:

3.. 2.. 1.. Let’s go!

(via ibi-s)

"

中学の時に作文が上手な女の子がいて、彼女の付けるタイトルは、意外性のある想像力を掻き立てられるものだった。

タイトルも素晴らしいが、本文はその何倍も読む価値のあるものだった。

俺たちが「修学旅行の思い出」「金閣寺を見て」なんて駄文を書いている中、「もみじ」というタイトルなんだよ。

読んでみると、いきなり帰りのバスから始まるの。で、リュックにもみじの葉が紛れ込んでいるのを見つけて、「どこのもみじだろう?」と思い返すのが本文。

「○○でリュックを開けたけどもみじはあったかな?帰ってから写真を見てみよう」「○○のもみじはキレイだった。あそこのだったらうれしい」とか。

結局どこのかは分からないんだけど、一緒に行ったから「あそこにもあったよね」と、話したくなるんだよ。

"

読むとがっかりするタイトル10選 (via ouchchic)

(via ouchchic)